情報システムの開発には、多くのスタッフが関わっています。それぞれのスタッフに担当する役割があります。
システム開発のプロジェクトが成功するか、その鍵を握っているのがプロジェクトマネージャーです。
システム開発の上流に位置し、全体の総指揮を取る重要な役割です。
開発プロジェクトの企画立案や、開発メンバーの人選、さらには対外的な交渉などを行います。

プロジェクトマネージャーとして仕事ができる人材は限られています。
この役割が貴重であるのは、高い開発能力と経験を必要とするためです。
システム開発のノウハウを熟知し、また十分な開発経験がなければ、マネージャーとしての仕事は果たせません。
一般的にプロジェクトマネージャーは、プログラマーやシステムエンジニア、さらにプロジェクトリーダーなど、システム開発によくある職業を通じ育成されます。
長年に渡り、開発のキャリアを重ねた人物がたどり着く道です。またこうした経歴を経てきた上で、育成のためマネージャーとして必要な専門知識を受ける必要があります。
プロジェクト運営に責任を持つマネージャーの育成は、一筋縄ではいきません。

それだけに、この人材は貴重であり、システム開発における存在感が大きいです。
プログラマーやシステムエンジニアたちも、将来はマネージャーの地位に立って開発を指揮できるよう、キャリアアップが目指せます。
開発プロジェクトにマネージャーとして参加する人物は、他のスタッフに恥じる事のない仕事ぶりが求められます。