プロジェクトマネージャーの心構えとは

プロジェクトマネージャーに必要な心構えとは、次の世代を育成するということです。というのも、その経験を活かすことで管理職へと進むことになるわけですが、その後の人材を育てておく必要があるからです。
そのためには、自分自身がプロジェクトマネージャーとして何が必要なのかを常に考えることが求められます。

単に業務を遂行するための技能に限ることなく、プロジェクトをいかに遂行するかにおけるスキルが必要というわけです。
それを的確に把握することにより、後継者となる者を育成することができるわけです。
具体的には、まずクライアントが求める成果物に対して適切な質問をすることが求められます。
そもそも仕事を依頼するクライアントは、その開発に関しては素人であることが多いものです。
自分が求めるものが、妥当なものであるか否かの判断を下すことができない人も中にはいます。
そのような担当者の提示する仕様書に従って作業を進めてしまうと、後で修正を求められることになります。
つまり無駄な労力を発生することになるわけです。かといって予算が増えるわけではなく、全くの無駄骨を折ることにもなります。

そこで担当者と良く話し合いを行い、求めている機能などを引き出すようなコミュニケーション能力が必要となるわけです。
その他にもチームの管理やメンバーの的確な指導など、様々なビジネススキルを含める形で、次の世代を育成していくことが求められるというわけです。